SPEAKER

TEDxUSHにおいて個性的なアイデアを提供するスピーカーたちを紹介します(登壇順)。


TEDxUSH2019

 雷光炎舞 かぐづち-KAGUZUCHI-

炎や光のエンターテイメントを行うパフォーマンスアートプロジェクト。さまざまな国民的アーティストとのコラボやショータイム演出など、公演数は1000回を突破している。

TEDxUSH2019のオープニングアクトとして、光を用いた華々しいパフォーマンスを披露。


安野ともこ

スタイリスト、デザイナー。数々の俳優、女優のスタイリストを務める。浅田真央氏のソチオリンピックを始め多々のコスチュームも担当。手がけたジュエリー作品は多くのドラマや映画で使用され、美しく装うための下着ブランドを展開するなど各方面で話題となっている。

TEDxUSH2019では、自身の経験やジュエリーへの想いを軸に、「流れに身を任せつつ物事を探求しつづけること」「人生における傷の大切さ」をテーマに語る。


川嶋一実

週末女優ー現役OL×女優ー聖心女子大学卒業後、製薬会社に勤めながら映画や舞台で女優として活動し、国内外のメディアで独自のライフスタイルが紹介された。2011年ひとりNYに飛び込み、翌年アメリカで舞台『HITOMI』に主演。その後、舞台をプロデュース&主演しながら、日本屈指のラッパーや元キャスター等を対談ゲストにトークショーも同時開催しジャンルを超えた人々が行き交う場作りに成功した。今後は映画製作に挑戦。道は必ずあると信じて夢を実現してきた自身の経験から「’飛び込む力’で自分の道を切り開くこと」をテーマに語る。


鈴木弘貴

グローバルジャーナリズムを専門とする。聖心女子大学国際交流学科教授。時事通信社記者を経て、米英に留学。

未だ隣国間での認識の差異が激しい東アジア内で価値観を共有するために「東アジア・ニュースメディア」を設立すべきだと主張。EUでは、加盟国内で行われているニュースを含むメディアコンテンツの国境を越えた流通により、域内の相互理解が深まり、「ヨーロッパ人意識」が芽生えつつある。東アジアのよりよい平和と安定を実現するためには、EUにならって共通のニュースを作り流通させるべきだというアイデアを提供する。


葉田甲太

医師でありNPO法人あおぞらの代表も務める。幼い頃から国境なき医師団に憧れ、医師を目指し始める。大学生のときに友人たちと資金を集めてカンボジアに学校を建てたという自身の経験を著した書籍は映画化もされた。現在は、医師として働きながら、タンザニアの僻地に病院を作り5万人の命を救いたいという想いから資金集めを続けている